鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

アウトドアカメラ RICOH WG-6購入

f:id:tridream:20190623152919j:image

以前からコンデジが欲しいと思っていたのですが、やっと購入しました。

RICOHのWG-6というコンデジです。

 

WG-6とは

f:id:tridream:20190623163902j:image

コンデジと言ってもアウトドアカメラと呼ばれるもので、ケースに入れずにそのままで防塵・防水・耐衝撃なカメラです。

 

購入した経緯

スマホの防水が当たり前になった今、写真はスマホで事足りていましたが綺麗に撮りたい時は役不足を感じていました。

ただ僕は基本トレーニングしかしていないし、バイクに乗る時は滝の様に汗を掻くので、普通のコンデジやミラーレス防水は持ち歩けません。

かと言ってカメラを大切に扱っていたらいずれ持ち歩かなくなります。

今までフルマニュアルのフィルムや一眼、ミラーレスを使ってきましたがフィルムカメラ以外、持ち歩くのが面倒くさくて結局使わなくなりました。

フィルムカメラは「たまゆら」というアニメの影響で買ったRollei 35sは非常にコンパクトだったので常に持ち歩いていました。

f:id:tridream:20190623164259j:image

このカメラはフォーカスも目測でおおよそ見当つけるしかない、一枚写真を撮るのにも何枚も撮る必要がある手間のかかるカメラでしたが、現像する度に一喜一憂があり一番楽しかったカメラでした。

 

そんな中「持ち歩くのが面倒くさい」という理由でカメラ趣味から離れた僕ですが、今回買ったWG-6はスマホの様にサイクルジャージのポケットに突っ込んでバイクに走ることもできますし、バッグの中に放り込んだり、ポケットに詰め込んで持ち歩けます。

常に持ち歩き、写真をまたフィルムカメラの時の様に楽しく撮れそう!と思いました。

ただアウトドアカメラ全般に言えますが、正統派コンデジには性能・機能・解像度が劣ります。

でも撮った写真はSNSとブログにしか使わないのであまり気にならないかな?と思います。

 

WG-6を選んだ理由

防水・耐衝撃のアウトドアカメラは色々なメーカーから販売されていますが、WG-6を購入した理由を紹介します。

リングライト

WG-6を買った一番の理由です。

f:id:tridream:20190623163309j:image

最近ブログでフィギュアや物を撮る機会が増えました。

綺麗な写真はレンズの性能よりライティングにの方が大切だったりします。

でも大掛かりなライティングは場所も撮るし手間がかかる。

だけどこのレンズの周囲についたリングライトを使えばライティング設備を使わず影を付けたり、飛ばしたりできます。

リングライトなし】

f:id:tridream:20190623173245j:image

リングライトあり】

f:id:tridream:20190623173254j:image

このリングライト①〜⑨段階の光量調整ができます。

f:id:tridream:20190623170313j:image

また点灯箇所を上・下・左・右決めることができるので光量を調整しながら右から当てたい、下から当てたいというライティングも可能です。

f:id:tridream:20190623170054j:image
f:id:tridream:20190623170050j:image
f:id:tridream:20190623170046j:image
f:id:tridream:20190623170059j:image

スピーディにライティングした写真が撮れるのは最高です。

このリングライトはセルフィーにも活用され、リングライトが上・下・左・右に光って人のいる範囲を教えてくれます。

 

マクロ

この機種はマクロが優秀で顕微鏡モードというものも存在します。

f:id:tridream:20190623171547j:image

マクロモードも通常マクロとより接写できる「1cmマクロ」があるので僕の様にフィギュアや小物を撮影するのには最適です。

f:id:tridream:20190623173349j:image

 

対抗機種TG-6と迷った

対抗機種にOLYMPUS TGシリーズがあり、7月にTG-6という後継機が発売されます。

こちらの方が画角が広いので景色撮りに適していて、TGシリーズにもリングライトのアクセサリーもありますが光量調整や点灯箇所の選択はできないのです。

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-4/TG-3 Tough用 LEDライトガイド LG-1
 

リングライトがに魅力を感じWG-6を考えてたので、たとえ画角が狭くなってもリングライトが調整できるWG-6にしました。

 

WG-6の欠点

BluetoothWi-Fi非対応

このSNS時代にBluetoothWi-Fiがありません!

f:id:tridream:20190623173620j:image

なので撮ってすぐスマホタブレットに送信してSNSやブログに上げる事が出来ません。

その代わりFlashAirは対応しています。

FlashAirとはWi-Fi搭載のSDカードでスマホなどにデータを飛ばせる物です。

でも値段が張るし、SDカードは何枚もあるので荷物は増えますがLightning端子のSDカードリーダーを使うことにしました。

純正品は高いので「あきばお〜」で1100円で買ったカードリーダー

f:id:tridream:20190623173323j:image

純正品では無いですが、無事認識してくれたのでよかった。(OSのアップデートで使えなる事があるので自己責任で)

↓不安な方は純正品を↓

Apple Lightning - SDカードカメラリーダー

Apple Lightning - SDカードカメラリーダー

 

 

優先モードが無い

絞り優先・シャッタースピード優先がありません。

カメラを少しかじった人なら分かると思いますが、背景をぼかしたい時絞り優先が無いとちょっと不便です。

もし背景をボカしたければマクロモードでズームをかけて撮るしかないです。

撮るものがフィギュアやレビュー用の商品なのでマクロでも事足りますが、人物や自転車なんかを撮る時、背景を思いっきりボカしたくても出来ないと思います。

ただ僕はあまりすることはないと思いますが、食事の写真なんか撮る時もこのマクロで十分背景をボカせます。

見た目は可愛くないですが・・・

同じくシャッタースピード優先が無いので薄暗い場所で動体を撮るのは苦手だと思います。

 

 

しかし夢が広がるカメラだ!

バイクの時ポケットに突っ込んで途中景色を撮ったり。

オープンウォーターに行ったら水中撮影も出来る。

出かける時はバック中にポイっと放り込んで。

仕事に行く時もそのままバックに入れておいて、何かあればシャッターを押せばいい。

ブログの写真撮影はリングライトで手早く綺麗な写真を。

一眼買った時やミラーレス買ったはこんなにワクワクしなかった!

大切に、雑に、たくさん写真撮るぞー!

まだ使い込んで無いのでレビューは次回ということで

 

 

www.tetubunkata.com

H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg

H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg

 
TOP SPEED ULTRA MINERAL TABLET(3g×20粒) TP2

TOP SPEED ULTRA MINERAL TABLET(3g×20粒) TP2

 
A&W ルートビア 355ml×12本

A&W ルートビア 355ml×12本