鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

パワーが全てじゃない!レースで速く走るテクニック

f:id:tridream:20190617194407j:image

「パワーさえあれば速く走れる」

という訳ではない、速く走るには「速く走る技術」も必要になってきます。

今回はトライアスロンでの速く走る技術を紹介します。

 

Short ver.

・エアロポジションの効果は28km/hまで効果的。

・28km/hを下回らない状況なら坂道でもエアロポジションをとる。

・坂道は踏まずに軽いギアで回す。

・坂道は下り始めるまで踏む。

・ペナルティにならない程度にドラフティングをする。

 

Long ver.

最近はTTバイクで筑波山を走っています。

ディスクブレーキなので下りもしっかり減速できますし、Quintana rooはハンドリングもいいので安心して走れますね。

f:id:tridream:20190617194510j:image

そこで気づいた点があり、これが「速く走る技術なのか」と思ったので、他レースで速く走るポイントを踏まえて紹介します。

まずトライアスロンはノンドラフティングで平坦基調のコースが主なので、パワーがあればあるほど有利になり、ロードレースほどパワーウェイトレシオは重要ではありません。

しかしFTPが300あったとしても速く走る技術が無ければただパワーでゴリ押しし続け、非効率な走りになります。

トライアスロンのレースでパワーがあまりなさそうな細い人が、意外とバイクパート上位に居る事あります、この人たちは多分ロードレース的な技術が高いので、効率良く走れるので結果タイムに繋がっているのだと思います。

前置きが長くなりましたが速く走るポイントの紹介です。

 

エアロポジションを取り続ける。

空洞実験的な数値はわからないですが、僕個人の実感的に28km/hまではエアロポジションの効果を強く感じます。

なので28km/hを下回らない限りエアロポジションを取り続けましょう。という話なのですが、平地ならどんな速度でもエアロポジションであるに越したことはありません。

今回は登り坂での話です。

僕は今まで登りになるとすぐブラケットポジションになり走っていました。

ブラケットポジションの方がパワーが出ますし、呼吸も楽なのでその方が速いと思ってのことです。

しかし筑波山を走るうちに気づきました。

「28km/hまでエアロポジションの効果を強く感じるなら登り坂でも同じじゃないか?」と。

それに今まで下った後の登りでも直ぐブラケットに持ち替えていましたが、下りで加速した分エアロポジションで登り始める事で空気抵抗を抑え、速度が落ちるまでの時間を稼げるので結果的に速く走れる。と気付きました。

f:id:tridream:20190617201203j:image

そこで筑波山ロードバイクとTTバイクで走った見た所、TTバイクの方が圧倒的に速く、楽に走れます。

確かに登りになるとロードバイクの軽さが生きますが、登り以外なら積極的にエアロポジションをとったTTバイクの方が速いです。

 

登り坂は踏まずに軽いギアで回す・下り坂で休むなら下り始めてから。

最初のポイント「登り坂は踏まずに軽いギアで回す」は当たり前かもしれませんが、レースに出てみると重いギアで一生懸命踏んでる人が多いです。KONAでもたくさん見ました。

しかし登りでも平地と同じようにテンポ良く回すことが大切です。

f:id:tridream:20190617201228j:image

重いギアを一生懸命踏むという事はそれだけ筋肉に負担がかかりますし「踏む」という意識が強いと大腿四頭筋(太ももの前)を使うので、ランに入った頃にはランで使いたい大腿四頭筋がパンパンになってる。ということが起こりうります。

 

下りで脚を休めるなら下り始めてから。

受け売りですが、登り坂を登り切ってすぐ踏むのをやめてしまうと下り始めるまで一気にペースが落ちてしまいます。

そこで登った勢いを保ちながら、下り始めるまで踏むようにしましょう。

登り切ってすぐ休むのと、下り始めるまで踏むのではたった数秒の差ですが下りでのスピードの乗りが変わるのであっという間に数百メートルの差がつきます。

f:id:tridream:20190617201549j:image

もし坂が10個あったら1km差がつくことになります、大きいですよね?

あと下りで脚を休めるかどうかの話ですが、タイムを伸ばしたければエアロポジションで踏み続ける必要があります。

そして50km/hくらいまで速度を上げたら状態を低くすれば漕がなくてもどんどん加速します。

f:id:tridream:20190616230254j:image

ただこのフォームは危険度が増すので直線の下りで使いましょう。

 

ペナルティにならない程度にドラフティングする。

これはKONAに出た時思いついて、KONAで使ってました。

レースで速度が近くて抜こうにも抜けないというシチュエーションや下り坂で有効です。

抜きにかかるタイミングで前車の真後ろにピッタリとついて、ドラフティングで速度を上げながら抜きにかかります。

こうする事で力を使うのは抜くときの一瞬で済みます。

下りでもドラフティングを活用する事で加速が良くなり、抜きやすくなります。

ドラフティングもルールの範囲であれば違反ではありません、プロも抜く時はドラフティングしてから抜き去ります。

f:id:tridream:20190617201908g:image

 

以上、今回の速く走るポイントの紹介でした。

今回は主に登り坂・下り坂の関連性が強い話題でしたが、必ずレースのコース内にアップダウンは存在します。

その中で効率的に走るにはこういった技術が必要になってきます。

そして以前実走廃止宣言をしましたが、また最近実走しているのはこの技術を磨くためでもあります。

やっぱりローラーだけでは速くなれない、そう最近考え改めています。

 

 

おわり

www.tetubunkata.com

カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ 90g×6袋

カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ 90g×6袋

 
TOP SPEED ULTRA MINERAL TABLET(3g×20粒) TP2

TOP SPEED ULTRA MINERAL TABLET(3g×20粒) TP2