鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

休日集中トレーニングはやめよう!社会人のトレーニングプランの作り方。

自分の中のトレーニングプランがあるのに残業、休日出勤などで思ったようにトレーニングできないとストレスになりますよね。

f:id:tridream:20190518213650j:plain

 

僕も前までこの、仕事のせいで「やりたいことが出来ない」ということが一番のストレスの要因になり、日中モヤモヤしたり、仕事に対するモチベーションが上がりませんでした。

そしてそうなってくると「もういいや」と自暴自棄になりやすく、出来のにやらない。という事も起こるようになります。

だったら仕事がの手が届かないトレーニングプランを作れば良いんです。

 

ポイント

休日に重点を置かない

「やっと土日だ!でも天気が悪い、走りに行けない・・・」「休日出勤?練習の予定が・・・」

社会人ならあるあるネタだと思います。

こうなるとテンションが下がって、週末発散できなかった分、翌週まで消化不良な感じになったりしますよね。

でもこれは平日あまりトレーニングせず、週末で補おうとするからこうなるんです。

もういっその事、休日に平日以上トレーニングしようとするのはやめましょう。

関連記事

www.tetubunkata.com

休日に平日の何倍ものボリュームをやると体はひどく疲弊し、その後数日のトレーニングに影響が出ます。

正直、休日にボリュームを上げるメリットは薄いです。

それなら次の項の様に平日のボリュームを上げましょう。

 

平日に高強度トレーニングを入れる

休日、トレーニングのボリュームを上げないとすると、平日のボリュームを上げないと成長しません。

しかし仕事や家事あるので、そう何時間も時間は取れないと思います。

なので平日は朝、高強度トレーニングをしましょう。

「朝にやる」というのがポイントです。

朝は個人差はあるでしょうが誰でも時間を確保することが可能です。

早起きすれば良いんですから。

一時間から一時間半あればバイクとラン、十分なトレーニングが積めると思います。

僕の場合、1時間10分のバイクトレーニングの後、25分のランのインターバルトレーニングをやっています。

関連記事

www.tetubunkata.com

www.tetubunkata.com

逆に限られた時間の中、低強度、中強度のトレーニングは効率が悪すぎます。

短い時間で低強度、中強度をやっても時間が短すぎて体を刺激することが出来ず、なんの効果もありません。

やるとすれば高強度をやって、体が回復しきらずどうしてもペースがあげられない時にレスト日として取り入れましょう。

関連記事

www.tetubunkata.com

 

ようこそストレスフリーの社会人生活へ

現在、僕の習慣トレーニング量はこうなっています。

f:id:tridream:20190518212050j:image

日曜日は天気が良ければバイクで実走に行くので日曜日だけボリュームが上がっていますが、天気が悪ければ土曜日と同じボリュームになります。

 

このように平日の強度を上げ、休日もボリュームを上げすぎないトレーニングプランに切り替えた所、仕事によるストレスが激減しました。

今、朝に約一時間半のバイク・ラン、そして仕事の後一時間ほどのジョグを入れていますが、たとえ残業で仕事の後のジョグが潰れたとしても朝、高強度トレーニングをしてる分、一日のトレーニングが足りているので「ジョグだしまぁいいか」と済ませられる様になります。

もちろんジョグも大切ですが「やることは既にやってある」と言うのは心に大きな余裕を作ってくれます。

休日出勤があったとしても、休日やる事は平日と対して差はないので朝のトレーニングで済みます。

 

つまり「休日に重点を置かない」「平日に高強度トレーニングを入れる」というトレーニングプランに変える事で、柔軟さが生まれ、仕事の影響を受けず安定してトレーニングが積める様になります。

こうなれば心の余裕が生まれ、仕事でイライラしなくなるので無駄に精神をすり減らさず済みみます。

休日半日かけてトレーニングする楽しさも分かりますが、強くなるためには割り切る事も必要です。

僕のようにトライアスロンの為に割り切り過ぎなくとも「シーズン中だけ」でも十分効果的だと思うので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

おわり

www.tetubunkata.com

作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】