鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

不調の理由を分析してトレーニングに活かす!

あーだるいわー

仕事後のランニングだるいわー

 

1km/6:00

はい中止ー

走行距離2km

今日はダメでした

                                 

 

では意味が無いので、不調の原因を探ります。

不調の原因がわかれば、改善方法も見つかります。

まずTraining PeaksでTSB疲労度合い)を確認。

TSB -20で「休みましょう」と出ていますが、昨日は休養日で完全オフ。

f:id:tridream:20190514185409j:image

ランニングのチャートを見てみるとTSB 4と好調の数値を示しています。

f:id:tridream:20190514185418j:image

この事から読める事は

数値は好調だぞ!気合いが足りないんだよ!真面目にやれ!

という事です。

しかし走れないものは走れません。

他の要因を探します。

 

今日、朝トレーニングのバイクでは休養明けなのに脚が重く、ZWIFTのワークアウトができませんでした。

そして今日はやたら眠かったです。

しかし昨日は完全オフで体の負担は仕事位で、睡眠時間は6時間ちょっと取っていたので、ZWIFTのワークアウトができなかった事や、日中の眠気は前日の疲れ、睡眠不足が原因では無いと思います。

 

そして他の原因はなんだろうと、ランニングから引き返した後、体温を計ってみました。

僕の平熱は36.5度位です。

36.0度

f:id:tridream:20190514185837j:image

2kmとは言え直前にランニングをして、かつ一番体温の上がる夕方でこの体温はかなり低いです。

低血糖なると体温低下しますが、お昼はご飯3合くらい食べているのでグコーゲンは満タンなはずです。

それでいて36.0度、そしてバイクの不調、眠気。

f:id:tridream:20190514190237j:image

今日の不調は疲労の蓄積による低体温が原因かもしれません。

 

心当たりは一つあって、ゴールデンウィークからうっかり2週続けてTSS(トレーニングストレス)が1000を超えてしまっていた事。

f:id:tridream:20190514190911j:image

f:id:tridream:20190514190925j:image

僕のCTL(パフォーマンス)を伸ばし続けるにはTSS900で十分だったので、週のTSSを900に設定していました。

TSS900であればTSBの回復も月曜日の休養日には追いつき、なんとかなっていましたが、2週間続けてTSS1000を超えてしまったせいでTSBの回復が追いつかず、下がり続ける一方になっていました。

f:id:tridream:20190514190940j:image

このせいで慢性疲労が起こり、体温が低下。

そして体温が低下した事で体の動きが悪くなったんだと推測しました。

 

今回、体温がパフォーマンスに大きく関係しているかもしれないという発見をしたので、今後朝、夕の二回体温を計測して記録をつけて、今日の不調は本当に低体温によるものだったのか調べてみたいと思います。

僕は自分のトレーニングに関しては根性論が強い人間なので、こういうサボりの理由を見つけて正当化する様な事はしたくないんですが、何かと役に立つ事かも知れないので今日は大人しく、さっさと寝ます。

ただ不調だと思ったら「練習サボってただけ」って事もあるので気をつけましょう、大抵の不調はこっちだと思います。

www.tetubunkata.com

 

 

 

おわり

www.tetubunkata.com

作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】