鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

【4iiii】ファーストインプレッション「3万円でお釣りが来る」

海外通販PBKでコスパ最強と名高い4iiiiパワーメーターを購入しました。

 

 

PBKとは

Pro Bike Kitというヨーロッパの通販サイトです。

m.probikekit.jp

日本語表記と日本円表記対応で、もちろん日本へ発送可能。

今回10%OFFクーポンが発行されていたので購入しました。

海外通販はどれも手順は同じなのでここでは紹介しません。

PBKで4iiiiを買う場合、サイズを選択してカートに入れ、クーポンがあればコードを入力するだけで、普通の海外通販です。

f:id:tridream:20190507211254j:image

f:id:tridream:20190507211306j:image

ただし4iiiiの価格は同じグレードのクランクでもサイズによって値段が変わるので注意!(在庫の関係だと思われます。)

 

4iiiiとは

PioneerやStagesの様にクランクアーム内蔵タイプのパワーメーターで、3万円台で買える価格にも関わらず、他者と比べても数値が近く、不具合も少ないという事でコスパに富んだ品物です。

僕がTTバイクに付けているQuarqはスパイダーという、クランクとチェーンリングのつなぎ目にセンサーのある物。

f:id:tridream:20190507211504j:image

クランクアームかスパイダーかどちらが正確という話に関しては、信じる数値が正解という他ありません。

メーカーによって多少差があるので、使っている数値を信じてください。

なので本来複数台パワーメーターを使う際は、メーカーを合わせた方が数値が同じになるので推奨されます。

ただQuarqは高いのと、精度の高いと言われているQuarqとほぼ同じ数値を出してるという事で4iiiiを買いました。

※「精度が高い」と言っても、話した通り他社と比較しようがありませんが。

 

買う前に必ず確認する事

4iiiiは左クランクに取り付けるのですが、バッテリーボックス分出っ張るので事前にクリアランスのチェックをしましょう。

https://4iiii.com/wp-content/uploads/2016/08/Ride-ready-clearance-check-A4.pdf

普通のロードバイクなら大抵取り付けられます。

f:id:tridream:20190507204156j:image

 

購入レポート

PBKは追跡なしの送料無料か、10ドルくらいプラスで追跡番号付きの発送方法か選べます。

「何か」ありやすい海外通販なので追跡付けておいた方がいいでしょう。

商品は注文してから10日で届きました。

f:id:tridream:20190507202720j:image

ゴールデンウイークがありましたが、EMS扱いなので影響なく入ってきたと思います。

課税は1300円

税関手数料に200円かかりました。

このお金は配達の時支払う必要があるので、不在だと受け取れません。

商品といえば、簡単な梱包材にポーンと商品が入ってる。

こういうのでいいんだよ。

f:id:tridream:20190507202848j:image

開封すると使い方が書いてある。

簡単な英語なので読めると思う。

f:id:tridream:20190507203043j:image

 

インストール

蓋は回すと取れるタイプ

だけど防水性とかちょっと心配。

あと蓋が吹っ飛ぶことがあるらしいけど、その際は無償でもらえる様です。なにかしら脱落防止策取るといいですね。

f:id:tridream:20190507203634j:image

バッテリーはCR2032コンビニでも買える規格なので、バッテリー切れも安心。

電池なので飛行機に乗せる時、トラブルになりません。

パナソニック リチウム電池 コイン型 3V 2個入 CR-2032/2P

パナソニック リチウム電池 コイン型 3V 2個入 CR-2032/2P

 

 

クランクの外し方

まずはペダルを外します。

クランクを外してからだとペダルが外し難いので、最初に外しましょう。

f:id:tridream:20190507204522j:image

次にクランクボルトを取り外します。

取り外しには工具が必要ですが、それっぽい物をぶっ挿せば回ります。

シマノ クランク取付工具 TL-FC16 Y13009220

シマノ クランク取付工具 TL-FC16 Y13009220

 

クランクボルトはトルクを必要としないので、雑な道具で問題ありません。

f:id:tridream:20190507203748j:image

f:id:tridream:20190507204759j:image

僕はBBBのCO2ホルダーをぶっ刺しました(笑)

f:id:tridream:20190507203856j:image

クランクボルトを外したら、固定ボルトを緩めます。

緩めるだけで、外さなくて大丈夫です。

f:id:tridream:20190507204419j:image

そうしたら脱落防止ピンを上げます。

f:id:tridream:20190507204734j:image

そうすれば抜けます。

f:id:tridream:20190507204831j:image

 

取り付け方

まずスピンドルにグリスを塗っておきましょう。

クランクの脱落防止ピンを持ち上げた状態にして差し込みます。

f:id:tridream:20190507205041j:image 

次にクランクボルトを締め付けます。

この部品はクランクをしっかり奥まで押さえつける部品なので、軽く締め込むだけです。

f:id:tridream:20190507205302j:image

クランクボルトの締め付けが十分なら脱落防止ピンがスムーズに収まってくれます。

クランクボルトの締め込みが緩いと脱落防止ピンが収まってくれないので、その際はもう少し締め込みましょう。

f:id:tridream:20190507205110j:image

最後にクランクのボルトを締め付けます。

左右少しずつ、トルクが均等になる様に締め付けます。

 

使い方

※サイコンとペアリングし、サイコンの校正を押せば以下の作業は不要です。

もしサイコンを使わない、ローラーなどで使う場合は必須です。

パワーメーターは歪みからパワーを検知していますが、気温により歪み量が変わるのでキャリブレーションという、気温に対する補正をする必要があります。

自動でキャリブレーションしてくれるメーカーもありますが、4iiiiは乗る前に必ずする必要があります。

 

スマホに4iiiiのアプリを入れます。

f:id:tridream:20190507205632p:image

メールアドレス等を入力し、sign inします。

その後「Add a Device」を選択し、パワーメーターを登録します。

f:id:tridream:20190507210214p:image

クランクを逆回転させればペアリングしてくれます。

f:id:tridream:20190507210250p:image

ペアリングが完了するとバッテリー残量Zero offsetがあります。

キャリブレーションとはZero offsetの事です。

Zero offsetを選択します。

f:id:tridream:20190507210418p:image

クランクを垂直にし、クランクのイラストの部分をタップすればキャリブレーションされます。

f:id:tridream:20190507210459p:image

 以上、購入レポートからインストール方法でした。

レビューはまた後日。

 

簡単にですが、Quarqと比較してファーストインプレッション。

関連記事

www.tetubunkata.com

 

 

おわり

www.tetubunkata.com

作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】