鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

レース中の逆境はカフェインで超えろ!Meitan サイクルチャージ

カフェインを使えばレース中の逆境を越えることができます。

カフェインの効果と僕の使い方を紹介します。

 

 

カフェインの効果

覚醒・鎮痛・血流向上・ミトコンドリアの活性化

カフェインを摂取することでこの効能を得ることができますが、これには200mg摂取することが最適だと科学的に証明され、これ以上摂取しても有意な効果は得られなかったとされています。

 

カフェインと言えばコーヒーが代名詞ですが、インスタントコーヒーに換算すると、どのメーカーも一杯分とされている2gでカフェインが50mg程度なので、6gで約200mgになります。

今継続中の朝食抜き生活にもカフェインは欠かせません。

www.tetubunkata.com

 

また200mgで最大限の効果が得られるので、一度に200mg摂取するのがいいです。

ジェルの中にはカフェインの含まれている製品もたくさんありますが、効かせたいポイントで最大限効かせる為に、通常使うジェルはカフェイン無しがいいです。

常時カフェインを入れてしまうと、きつい時にガツンとカフェインを入れた際の「あぁ〜」って感覚が薄いです。

しっかり効かせられれば30分ほど筋肉の痛みが薄れ、テンションが酔っ払った時の様に上がります。

f:id:tridream:20190411221953j:image

 

 

レースでカフェインを摂取する方法

カフェインの最適量が200mgとわかったところで、レース中どうやって摂取するか。

僕はMeitan サイクルチャージカフェイン200を愛用しています。

Meitan(メイタン) サイクルチャージ カフェイン200 単品(40g)  4134

Meitan(メイタン) サイクルチャージ カフェイン200 単品(40g) 4134

 

このジェル1つでカフェインが200mg含まれています。

サラサラしているので水がなくても飲みやすいのですが、味はお世辞にも美味しいと言えないです。

カフェインは苦味を含むのでどうしても苦味があります。

例えると焼き芋の焦げた部分の味がします。甘さ+苦味です。

f:id:tridream:20190411223214j:plain

レースで初めて使うと苦味でむせる可能性があるので、事前に試食をお勧めします。

しかしこれがカフェインを摂取するのに最適な補給食なので、多少の苦味は我慢しましょう。

 

 

摂取するタイミング

Meitan サイクルチャージ200摂取のタイミングですが限界を迎える手前がいいです。

これはトレーニングやレースで試すしかないですが、僕が色々とタイミングを試した結果、限界を迎えてボロボロになってから摂取しても覚醒する感じはありませんでした。

またカフェインを摂取して効くまでは個人差はありますが僕の場合、胃が空なら20分、食後なら30分ほどで効きます。

僕はレース中、ジェルしか食べないので20分で効きます。

 

摂取するタイミングですが、ランで使うのがいいと思います。

レースで本当にきついのはランですからね。

ロングの場合、30kmから先が失速してしまうという方なら、効くまでの時間を逆算して例えば25km地点で摂取する。という感じです。

こうする事で約30分間、ペースを落とす事なく走ることができます。

IRONMAN KONAでも25km地点で摂取したら30kmからしっかり効かせられました。

www.tetubunkata.com

 

冒頭でも話しましたが、がっつり効かせられると酔っ払ったようにテンションが上がって、痛みが和らぐので是非「ここぞ」というタイミングで試してみてください。

f:id:tridream:20190411221811j:image

最後によりカフェインを効かせる方法として、数日前からカフェインを抜くと、よりレースでカフェインが効きやすくなるようです。

僕はカフェインが効きやすいのか、カフェイン抜きをしなくてもしっかり効くので抜いたことはありません。

 

 

 

おわり

www.tetubunkata.com

 

作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】