鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

トライアスロンでスイム3kmを簡単に1時間切る方法

トライアスロンのスイム、練習環境などで思うように練習出来ず、タイムが伸びない人は多いと思います。

しかし、ドリルやキツいメニューをこなさなくても3000m 1時間切りは簡単に出来ます。

今回はその方法の紹介です。

f:id:tridream:20190406212127j:image

 

 

フォームを最大限矯正せよ。

「オタク、KONA完走したってよ。」シリーズでも触れていますが、僕は水泳を覚える時、プロに1から10まで教わりました。

全く泳げない状態から1500m泳げるようになるまではシリーズのVol. 4・6・7を読んでください。

www.tetubunkata.com

水泳について、なにも知らなかったので1から叩き込まれた訳ですが、正解でした。

教科書通りのクロールをとことん叩き込まれ「フォームはこれ以上教えることがない」と言われるくらいになりました。

 

そしてフォームが固まれば頑張って泳がなくてもそれなりに進みます。

逆にフォームがダメだと頑張っても一向に進みません。

なのでまずは「綺麗な泳ぎ」を身につけましょう。

 

 

レースでは前列・外側からスタートする。

「え?前って速い人がいっぱいいて、揉みくちゃにされるんじゃ・・・」

と思うかと知れませんが、確かに前列は速い人が固まっています。

しかし「速い人=上手な人」です。

スイムで揉みくちゃにされる一番の原因は、周りの見えてない初心者に四方からど突かれる事だと思います。でも上手い人は泳ぎながら常に周りを見ています。

周りが見えていれば無駄にぶつかる事もありませんし、遅い人の抜かし方を心得ています。

それにスタート同時に速い人はあっという間に前に行ってしまうので、自分が遅ければ前がガラ空きという事です。

去年のKONAで周り早すぎでそういう事が起きました。

www.tetubunkata.com

またスタート位置ですが、コースロープ沿いは最短ルートなので激しめです。

しかし一番外側は苦しくなったらいくらでも外へ逃げられるので自分のペースで泳げます。

無理にイン側や中央を泳いでも、揉みくちゃにされて自分のペースが乱れては意味がありません。

f:id:tridream:20190406211534j:image

 

 

ヘッドアップを頻繁にする。

スイムが3000mであれば、3000m泳いで陸に上がる事が理想です。

蛇行して何百メートルも余分に泳げばそれだけタイムロスになります。

なので三搔きに一回(左右掻いてひとかき)はヘッドアップしましょう。

ヘッドアップする事で抵抗となりブレーキはかかりますが、余計に泳ぐよりずっといいです。

それに日本の場合ウェットスーツを着ると思いますが、ウェットスーツを着ればヘッドアップしても姿勢は維持されるので抵抗はかなり小さいです。

また頻繁にヘッドアップする事で常に周りの状況を把握できるのでバトルを避けることもできます。

 

 

 

この三つを守る事で3000mを1時間切る事ができると思います。

現に僕は今は朝スイムでメニューをこなしていますが、それまで4年間、水泳のドリルやメニューは一切やりませんでした。

やっていた練習と言えば週1~2回、プールで3000mただ泳ぎ続けるだけ。

特にスピードなどは意識せず、苦しくない範囲で泳いでいました。

それでもトライアスロンを始めて2年目の皆生トライアスロンで3000mを58分で泳げました。

f:id:tridream:20190406210757j:image

 

つまりフォームを固め、スタート位置を間違わず、蛇行せず泳げれば3000m1時間切るという事はそう難しいことでは無いんです。

もし、トライアスロンを始めてからそれなりに経っていても3000mを1時間切れない人というのはこの「三つの基本」を抑えられていない可能性が非常に高いです。

もう一度自分のスイムを見直してみて、この三つが出来ていなければ一つ一つ取り入れてみてはどうでしょうか?

 

ただし①の「フォームを矯正する。」という点は必ずプロに教わりましょう。

トライアスロン仲間ではダメです。

水泳教室などでお金を払い、教わることをお勧めします。

「教えるプロ」だからこその目線でしっかりと教えてくれるはずです。

 

 

 

おわり

3足1500円の加圧ソックスがコスパ最高!

www.tetubunkata.com

 

作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】