鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

「パワーメーター買うと限界超えなくなるよ」とかいう謎の勢力

SNSやコラムを見ていると聞いたことあるかもしれないセリフ

「パワーメーター買うと限界超えなくなるよ」

これを言う人が一定数居るけど、なにこの勢力。

 

多分これを言ってる人はパワーメーター持ってないか、そもそも真面目にトレーニングしていない人です。

f:id:tridream:20190316165633j:image

パワーメーターを使い始めれば分かりますが、限界を超えすぎて、毎日のトレーニングが死闘です。

www.tetubunkata.com

 

この勢力の方の言い分では、限界値が数値化されるからその限界を超えないようにペース配分してしまう。と言う事らしい。

 

いや、それがパワーメーターの活用方法だからね?

 

レースのように限界を超えすぎると後半たれて、逆にタイムが落ちてしまうような時、パワーメーターをセーフティにするんです。

そしてトレーニングでは時間に対する維持できるパワーをデータとして日々積み重ね、現状の限界値で耐えるトレーニングする事で力を積み重ねるんです。

 

僕はパワーメーターを導入したのは去年の夏の事ですが、それまで朝のトレーニングでは45分ローラーで心拍150~160bpmで走り続け、その後1km/4:30で10kmブリックランするというトレーニングを毎日していました。

その45分間のローラーは主観的にかなりきつい強度だと思っていましたが、パワーメーターを付けてパワーを計測してみたらFTP(1時間の限界値)の75%程度でした。

自分では85~90%だと思っていたけど、現実はこんなもの。

 

パワーメーターを導入後は客観的に負荷を観測できるようになる為、90%や110%の出力を維持するトレーニングを出来るようになり、メキメキと力が増しています。

この90%を維持する事や、110%を超える無酸素運動系はパワーメーター無しではできないトレーニングです。

なぜなら人間には理性があります。パワーメーター無しで90%維持や110%超えの負荷はコーチが居て激励を受けないと毎日トレーニングに取り入れる事は出来ないと思います。それほどキツイものです。

 

 

もし「パワーメーターを導入すると全力出せなくなる」言ってる人が居たら「真面目に練習しろ!」とツッコミを入れてあげましょう。

「速い人に着いて行くからこその成長もありますよ」って?

それ、パワーメーターを使って自分の限界と戦うのと、どう違うんです?

 

 

 

おわり

パワー・トレーニング・バイブル

パワー・トレーニング・バイブル

 

 

 

作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】