鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

オタク、KONA完走したってよ。Vol.5 初めてのデュアスロン

前回

www.tetubunkata.com

 

2015年3月15日

潮来トライアスロンの練習にと、エントリーしていたCSCAデュアスロンの日がやってきました。

CSCA…サイクルスポーツなんとか主催らしいですが今はやっていないみたい。でも別運営で続いているようです。

 

 

デュアスロンとは

基本構成はラン+バイク+ラン

ただし距離はまちまちで今回のレースは4.5km+30km+4.5kmのレース。世界大会やワールドカップでは5km+40km+10kmが標準となっていています。

日本ではトライアスロンがオフの冬に主に開催されています。

 

場所は千葉の下総フレンドリーパーク

www.city.narita.chiba.jp

利根川沿いからちょっと離れた所にあって車でも自転車でも行きやすいと思います、デュアスロンは荷物少ないし。

ここではデュアスロンの他にロードレースもやっているみたい。

 

 

当日

このデュアスロンはショートとレギュラーがあり、僕の出場するレギュラーは昼からだったので9時到着くらいで行った気がします。

到着すると曇り空。風はないですが結構寒かったです。

荷物を置くところは決まっておらず、邪魔にならない所に各自置く感じ。

 

ショートを見ながら知り合いと話し込みます。

f:id:tridream:20190217075849j:image

 

道幅はゆとりのある二車線といった所。路面は綺麗で緩いアップダウンといくつかのコーナーがありますが、角度は緩いので安全に走れます。

f:id:tridream:20190217080332j:image

 

さてそろそろ出番です。

f:id:tridream:20190217103108j:image

 

格好つけてALOHAジェスチャー決めてます。まだトライアスロン出てないのに。

ウェアは2xuのセパレートトライウェアにアームカバーという組み合わせ。

だけど2xuのトライパンツのパッドの幅がismサドルの幅と重なっちゃってて、ペダリングの時パッドの縫い目が内股に擦れて痛くなるのですぐ使わなくなっちゃいました。この辺はまたいずれトライパンツ沼編でw

 

シューズはon cloud surferにNathanのロックレースを組み合わせています。

f:id:tridream:20190217165131j:image

 

Nathan ロックレースはゴム紐なので伸縮性があるので、履いた時にフィットするように紐を締めておいて履くときはタンをグイッと引っ張れば紐を緩めることなく履くことができます。

NATHAN(ネイサン) LOCK LACES ロック レース WHT/N.ORANGE 1160NWO

NATHAN(ネイサン) LOCK LACES ロック レース WHT/N.ORANGE 1160NWO

 

 

レース

First Run 4.5km

「ファーストランで飛ばすとバイクで死ぬ」と向井氏から教わっていたので

 

飛ばしました。

 

いや・・・場の空気ってあるじゃん。

自分では抑えてたんだけど、後々の展開を見ると飛ばしてたと思います。

 

T1

「焦らず確実に」はこの頃から。乗車エリアに来てもしっかり前後左右確認して乗車。

 

 

Bike 30km

補給食は以前紹介したこのスタイルでドリンクで糖質も摂る。

www.tetubunkata.com

 

30kmだし気温低いからフロントハイドレーションひとつで良いと思ったら20kmくらいで飲み干した気がする。

そりゃ約5km走って、レースペースで30km走るのにボトル1本で足りるわけ無いよね・・・

冬場のデュアスロンでもボトルは2本持ちましょう!

 

デュアスロントライアスロン同様ドラフティング禁止ですが、このコースにこの人数だとドラフティングになってしまう箇所が出てしまいます。

でも明らかにトップ集団がトレイン組んで回してる。「うわ~」と思いつつ自分はそんな卑怯な事してまで順位を上げたくないのでノンドラフティング厳守で走り続ける。

 

しかし25kmくらいで脹脛が攣る。たまらず停車して邪魔にならない所でストレッチ。

攣りはなんとか収まってバイク再開。

この日の為にTTヘルメットを購入してポジションも煮詰めてきた。頭を下げてエアロポジションをキープしながらバイクパートを終える。

f:id:tridream:20190217191742j:image

 

T2

ランニングシューズに履き替える。攣ってしまった脹脛が痛い。しかしあと4.5km、追い込む!

 

 

Second Run 4.5km

バイクで脹脛が攣ったもののなんとか走れてる。ラストスパートをかけられるよう、最初から飛ばしすぎない。

一周1.5kmなのでランは3周だ。ファーストランに比べてペースは落ちてるはずだが、結構抜かせる。「バイクで飛ばしすぎなのだよ」とファーストランで飛ばしすぎてバイクで脚攣らせているにもかかわらず、抜く人達に脳内で勝利宣言をする。

 

2周だと思ったがファイナルラップの選手が後ろから来た。と思ったらデュアスロンでトップ選手の「エース栗原さん」だった。この時は全く知らなかったけど・・・

ameblo.jp

「ファイトー」と拍手して送り出すと「君も頑張れ」と声をかけてもらった。

 

気づいたら母親が応援に来ている。学生時代帰宅部たったのでなんともいえない感情だ。

ラストラップはもう気合だ。

 

ゴール

ゴールシーンの写真がどこかにあったはずだが見当たらなかった・・・IRONMANの動画みたいにオーバーリアクションでゴールしようと思ってたのに疲れすぎて目が死んでた。

f:id:tridream:20190217191917j:image

 

 

結果

25位

1時間31分31秒

f:id:tridream:20190217191801j:image

 

確か「半分より上ならいい」って考えていて、この順位だと1/3には入れていた気がするので大満足。

 

ランですれ違ったエース栗原さんは優勝していて、優勝インタビューで「みんなドラフティングしていたんですけど、僕はドラフティングなんてしない!って気持ちでずっと1人で走りました。」って言ってた。ちょっと皮肉が利いてて格好良かった!w

 

 

 

今回スイム進捗も綴る予定だったんですが、もう2500字なので次回ということで。

おわり

 

追記

デュアスロンで必要な物

ロードバイクに乗る用意とランニングする用意があれば大丈夫です。

トライアスロンウェアにするかどうかは好みで、レーパンでもランは問題なくできるので、トライアスロンウェア持ってないならわざわざ買わなくても大丈夫。

 

あとレースベルトは不要です。

もし大会側が必要といえば必要になりますが、デュアスロンならゼッケンをピンでウェアに止めればいいです。レースベルトって邪魔だし、空気抵抗になるのでわざわざ使うメリットもないです。

 

ソックスは履きましょう、履かない理由がないです。

 

補給食ですが、本文で紹介した方法か、ジェル1つ持って走ってもいいと思います。

【PowerBar GEL】パワージェル トロピカルフルーツ1個

【PowerBar GEL】パワージェル トロピカルフルーツ1個

 

補給するタイミングはバイクを終えてランへ向かう途中がベストだと思います。

 

あと現地に来る時はランニング用のシューズ以外でね!ランニングシューズはトランジットエリアに置いてしまうので、履く靴がなくなってしまいます。