鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

5ヶ月走らなくても走力低下は誤差レベルだった

「雪は濡れないから」

という理論で昨日雪降る中、5ヶ月ぶりの20kmランをしてきました。

 

10月13日にIRONMAN World Championshipがあり、それに合わせてピーキングしていた為最後に20km走をしたのはどうやら2018年9月28日らしい。

f:id:tridream:20190210125735j:image

 

という事で5ヶ月ぶりの20kmランですが、オフシーズンでレースウエイトから一時期10kg体重が増え、また普段職場からの帰宅ラン11kmは1km/5:30程度のペースでしか走れない程走力が落ちていたので1km/5:10で刻めれば良いかなと考えていました。

 

1km/4:30で走り出すが意外と脚は軽い。ただ脛の筋肉が温まってなくカチコチで痛い。

ただ今はこのペースじゃ持たないと思い1km/4:45程度に抑える。

 

5km

まだ脚は問題ない、脛の筋肉もほぐれてきた。雪も収まってきて走りやすい。

 

8km

ちょっとしんどくなってきたが、10kmの折り返しを越えるといつもギアを1枚上げられて、13kmくらいになればランナーズハイも入るのでここは耐える走り。

 

10km

ペースが回復してきた。1km/4:50以内で刻む。

また雪が強くなってきた。サングラスに雪が積もる。

 

13km

想定通りランナーズハイが入って気分が高揚する。

 

15km

ここまでくればあとは根性、ラスト3kmでペースアップ!

 

1時34分21秒 1km/4:43

f:id:tridream:20190210205231j:image

 

あれ・・・?

おかしいな、意外と走れたぞ。たしかにシーズン中の走力に比べたら落ちてるけど、5ヶ月間ジョグばかりでペース走、インターバル一切無し。

おまけに体重激増してるのにサラッと走ってこのタイムはなかなかじゃないかな?

平均心拍数も150bpmと低めだしこれは・・・あれだな・・・

 

走力はそう簡単に落ちない

 

って事で良いんではないでしょうか?

ネットを見ると「1週間走れなかったから走力低下が心配」とか「怪我でジョグしかできなくて心配」という声が多いですが少しずつ積み上げた物は簡単には崩れないって事だと思います。

ペース走・スピード練を一切しなかったのでスピードは低下していますが、これは一種の慣れのようなもので、すぐ戻ると思います。

ただ僕の場合トライアスリートなのでバイクもやる関係でそれで心肺機能は維持できていた可能性は大いにあります。

 

これを読んでいる方が、練習できず悶々とパフォーマンスの低下に怯えていたら安心して下さい。

今まで苦しい思いをして来たのであれば、すぐ元に戻りますよ。

 

足底筋膜炎も治り、今回20km走っても痛みはないので今後はペース走・インターバルを再開してスピードを取り戻そうと思います。

 

 

おわり

www.tetubunkata.com