鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

花粉症を抑えるキーポイントは2月初旬

関東地方、花粉が飛び始めるのは2月中旬頃らしいです。

外でトレーニングするランナー・トライアスリートは今、対策を打ちましょう。

 

 

花粉症とは

スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気です。

 

花粉症を抑える為には

マスクやゴーグルをして体内に花粉が入ることを防止するのが第一、そしてアレルギー反応が出た際は薬で症状を抑える。

 

そんなことどうでも良いんだよ!

マスクしてランニングしたりロードバイクやってられるか!

でも今ならまだ初期治療が間に合いますよ。

 

 

初期治療とは

花粉症の場合、花粉が飛び始める2週間前から治療が認められています。これを初期治療といいます。

その為、花粉症の症状が出て辛くなってから病院に行くのではなく、症状が出る前に、症状を抑える使う事で花粉症になっても軽度で済むことが多いようです。

僕はまだこの初期治療をしたことはありませんが、悪化しないようにする云わば予防接種薬と、症状が出た時症状を抑える薬を処方されると思うので症状が出たらすぐ対抗薬を使うことができ、ストレスを減らせると思います。

 

花粉症薬の種類

・抗アレルギー薬

初期治療で処方される、花粉症において最も多く使われる薬です。

即効性のある物ではない為、遅くとも症状の出る2週間前から服用を始め、花粉が飛ばなくなるまで服用し続けます。

また花粉症薬に多い眠気を催す副作用が薬の中で一番低い為、集中力の低下を最低限に抑えることができます。つまりアスリートは必須処置!

 

抗ヒスタミン剤

即効性のある薬で第二類医薬品で有名な「アレグラFX」などはこれに当たります。

花粉症の症状が出てから服用する為、症状を抑えるだけで坑アレルギー薬の様に発症の度合いを低減するわけではありません。

また副作用が坑アレルギー薬より高く、眠気を誘発します。

 

ステロイド

トゥットゥル〜

f:id:tridream:20190202205152j:image

最後の砦!ステロイド

鼻水に対して絶大な効果があり、また重症の人に処方されます。

副作用は体の免疫力が低下するので、風邪など外敵の影響を受けやすくなります。

 

 

今のうちに初期治療を!

以上花粉症で使われる代表的な薬の種類を紹介しました。

市販薬は主に「坑ヒスタミン」なので事前に飲み始めるにはあまり向きません。またかなり高価なので病院で保険を使って処方して貰うのがいいと思います。

なお花粉症は耳鼻科だけでは無く内科でも対応してくれるので、行きやすい方に行きましょう。

 

市販薬を使うなら?

先程紹介した坑ヒスタミン剤「アレグラFX」がおススメです。

 

僕はもう何年も花粉症でしたが、いつも目薬だけで錠剤を使ったのは去年が初めて。使ってみら感動しました、こんなに楽になるのかと。

坑ヒスタミン剤は「副作用で眠気が起きやすい」と言いましたが、坑ヒスタミン剤には第1世代と第2世代で副作用の強さが違い、第2世代は副作用が出にくいのが特徴。そして「アレグラFX」は第2世代の為、眠気が起きにくいです。

現に僕も去年服用していましたが、レーニングに影響はありませんでしたし、日中眠気も起きませんでした。

 

薬を服用した上で、目のかゆみが気になる場合はアルガードがおすすめ。

 

こちらも良く効きます。

目に違和感が出たら即座に打つ!目を擦らず即打つべし!そうすれば大抵収まります。

 

 

でもやっぱり今のうちに病院に行くのが1番です。

時間がないかも知れませんが、シーズンが来てから病院に行くのでは待ち時間で今よりずっと時間を無駄にすると思います。なので今のうち手を打っておきましょうね、僕の事だけど。

 

 

おわり