鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

ラップを使って厳冬期の足冷えを乗りきる

シューズカバーだけではどうしてもつま先が冷える…そんな時はラップを使います。

 

 

なぜつま先が冷えるのか

諸悪の根源はシューズの通気面です。特にハイグレードのシューズほど通気面の面積が増える傾向があるように思います。f:id:tridream:20190201152309j:image

また通常のシューズカバーは保温素材が大して使われていないので純粋に外気で足が冷やされます。

 

対策

究極は足を保温してあげればいいのですが、ただぶ厚いシューズカバーにしたり、シューズカバーの下にトゥカバーを付けようとするとシューズ側面が膨れてしまい、クランクアームにシューズが擦れてしまうのでお勧めしません。

 

そこでシューズの厚みを抑えて、しっかり防寒対策する為にラップが活躍します。

 

用意する物

  • ラップ

 

使い方

  1. 素足にラップを巻きます。f:id:tridream:20190201152211j:image
  2. ソックスを履きます。f:id:tridream:20190201152223j:image

以上。

あとは普通にシューズ履いてシューズカバーして下さい。もし春になってトゥーカバーになっても春先はまだ冷えるので有効なはずです。

 

ラップは走ってるうちにズレてしまうので、2周くらい巻いておいた方が良い。巻き過ぎるとシューズがキツくなるので程々に。

こうする事で防風性と保温性が格段に上がるので「シューズカバーしてもつま先がかじかむ・・・」という事が無くなります。

あとこの対策は関東平野の話なのでそれなりです。

 

 

おわり

サランラップ 22cm×50m

サランラップ 22cm×50m