鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

予算30万でTTバイクを買うならこれ!

憧れのTTバイク、でも華やかな期待とは相違する現実TTバイクとはそういうもの。

 

今日は使い続けられるTTバイクを予算30万円に絞ってピックアップしました。

 

f:id:tridream:20190122175046j:plain

 

条件

・ポジション変更に手間がかからない

・パッキングしやすい

・トラブルの際対処できる

 

僕の考えとして「まずレースで完走しないことには始まらない」と考えています。なのでパッキングが面倒くさい、ばらせない、出先でトラブルに対応できない。などレースに出る以前に詰むような車体は除外しています。

 

 

CEEPO MAMBA TT 105 (¥280,000)

f:id:tridream:20190122174716j:image

ceepo.jp

正確にはロードバイクですが、TTハンドルをつけてTTバイク化しています。

僕自身約2年乗っていたのでMAMBAに関しては自信を持ってお勧めできます。詳しい紹介は過去の記事で。

tridream.hatenablog.com

 

 記事に事細かく書いてあるので今回は改めて紹介はしませんが、VENTAMとかDIAMONDとか規格外のフレーム形状以外フレームの空気抵抗とか微々たる問題なのでどうでもいいです。

 

追記するとCEEPOだとIRONMAN KONAでジャージやキャップをもらえたり、写真撮影してくれたり、いろいろと得点盛りだくさんなのでラインナップの中でもMAMBAは最高です。

f:id:tridream:20190122173721j:image

 

 

Quintana roo PR THREE ($2,600)

f:id:tridream:20190122173247p:image

 

PRthreequintanarootri.com

Quintana Roo(クインタナロー)日本では代理店が無く、海外通販という形ですが乗りやすいバイクです。

僕は今Quintana RooのPR FIVE Discに乗っています。(PRの後に続く数字が大きいほどグレードが上がる。)

よく曲がるハンドリング性能とトレンドを抑えたQR Boxと呼ばれるストレージとトップチューブバッグ。

ワイヤリングも無理が無く通しやすく、フロントは通常のキャリパーブレーキを使っているので調整が楽です。

 

サイズも48からあるので女性でも乗る事ができます。

英語でのやり取りになりますが、Google翻訳を使ったやりとりでも親身に対応してくれてイレギュラーの際もメール・対応がとても早いので安心できます。

 

またQuintana Rooは完成車の場合、8部組みにして丁寧な梱包で送ってくれるので購入者はハンドル・シートポスト・ホイールの締め付けくらいで乗り出すことができます。まぁお勧めしませんが!

Quintana Roo Bike Assembly - YouTubeyoutu.be

商品は注文してから大体3週間くらいで届きます。

 

 

Canyon SPEEDMAX CF 7.0 (¥259,000)

f:id:tridream:20190122172723j:image

 

https://www.canyon.com/ja/triathlon/2019/speedmax-cf-7-0.html

よっ!代理店泣かせ!

CanyonのTTバイクにはSLXと無印が存在していますが、SLXはめんどくさい方って覚えておいてください(笑)ヤン・フロデノ、パトリック・ランゲの乗っているのはめんどくさい方で、空力アップの為ブレーキカバーが付いて専用ブレーキになってたり、フロントハイドレーションが付いてます。

f:id:tridream:20190122172942j:image

というかTREK Speed Conceptもそうだったけど、このカンチブレーキタイプ構造のブレーキはほんとやめて欲しい。

f:id:tridream:20190122172840j:image

 

話を戻すと、無印の方はとっても無難に作られています。いい意味でね。

エアロバーはProfile Designだし(3Tはクソ)前後通常のブレーキ、しかもダイレクトマウント!

f:id:tridream:20190122172804j:image

ダイレクトマウントはキャリパーのようにズレないし、剛性が高いのでとっても良い・・・

ブレーキのワイヤールーティングもスムーズで引きが軽そうで、完成車重量8.8kgと構成内容にしては軽い方だと思う。

 

あとCanyonはwomanモデルもラインナップしてるから、サイズが合わないって事もなくていいよね。

たぶんQuintana roo同様八部組で届くと思うけど、そのまま乗るのはやめよう。

 

 

GIANT TRINITY ADVANCED (¥230,000)

f:id:tridream:20190122172148j:image

 

www.giant.co.jp

 

TTバイクにしては無難だけどTTバイクとしてみると微妙過ぎる。ただ安いし・・・ね?

 

GIANTのロードバイクでミドルグレードからはOver Drive 2って名前でコラム径を太くして剛性を上げました!って事をしてるけど、つまり31.8mmのステムが使えないクソ規格な訳です。

ただTTバイクに関してはこの車種も、ワンランク上のADVANCED PROって車種もコラム径は31.8mmなのでどんなステムでも使えます。(ADVANCED PROは専用ハンドルだけど)

 

ブレーキはTRPのVブレーキ採用を採用しているので調整も効きも特に問題なしです。(たぶん)

f:id:tridream:20190122172535j:image

サイズがXSからなので165cmくらいあればポジション出しもできます。

サドルにISM PS1.0が使われているのはポイント高いけど、TTバイクなのにフロント50Tのコンパクトクランクが使われてたり、調整幅が狭い自社?のエアロバーが使われている点は・・・よく分からん。

f:id:tridream:20190122172601j:image

 

あとGIANT JAPANがTTバイク売る気ないので、在庫ありません。

 

 

Argon 18 E-117 TRI (¥252,000)

f:id:tridream:20190122172057j:image

 

argon18.jpn.org

ちょっと番外的な、これはフレームセットです。

僕が買おうかと思ってたバイクです。ブレーキはTRINITY同様TRPブレーキで調整は十分。(なはず)ワイヤールーティングもまだシンプルな方でリアブレーキがBB下とかじゃないのが良い。(BB下だと汚れるし調整が面倒くさい)

 

105で組んでホイール込みだと+10万円くらいで組めると思います。

あと色が派手で良い(主なポイント)

 

 

以上、予算30万で買えるおすすめTTバイクでした。

最初に説明したように、調整のしやすさやパッキングのしやすさを重要視しているので紹介したバイクはどれもブレーキに関してネガティブが少なかったり、汎用品のステム・ハンドルが使えるものなので出先のトラブルに強く、パッキングが非常に楽です。まあこの値段だと面倒くさい専用ブレーキとか専用ハンドルってほとんど無いんですけどね。

 

 

おわり