鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

Stravaで住所セルフ開示しちゃってる人集まれ〜\(^o^)/

Stravaをやっている方、いつも家からGPSログをスタートしていませんか?

それ、個人情報ダダ漏れですよ。

 

家から数十メートル離れても半径を絞ればかなり住所を特定できちゃいます。

 

有名人じゃあるまいし…と思ってもSNSの発達した今の時代TwitterInstagramFacebookで炎上したらStrava経由で個人情報晒される可能性は十分あり得ます。

なので炎上した時のためにも個人情報はしっかり保護しましょう!(笑)

 

 

プライバシーゾーン

この住所がバレないようにする為のシステムとして前からStravaにはプライバシーゾーンという設定住所がアクティビティログで非表示になる設定がありました。ブラウザ版限定で

「今時スマホしか使わねーよ」って人が多いのでこの設定を知らない人が多いです。でも時代の流れを汲んでかスマホのアプリからでも設定可能になってました。

 

設定方法

1.プロフィールの歯車から設定に飛ぶ

f:id:tridream:20190114173027j:image

 

2.設定のプライバシーコントロールを押す

f:id:tridream:20190114173133j:image

 

3.プライバシーゾーン

f:id:tridream:20190114173204j:image

 

4.プライバシーゾーンを追加

f:id:tridream:20190114173222p:image

 

5.住所を入力して、その地点から半径何キロまでを非表示にするか距離を決める。

f:id:tridream:20190114173339j:image

 

これで設定完了です。

半径何キロとはこういうこと。

f:id:tridream:20190114173445j:image

ただしこれだとプライバシーゾーンの直径から住所がバレるので、プライバシーゾーンはこのように生成されます。

f:id:tridream:20190114173613j:image

これでSNSで炎上しても家凸される事を回避できるぜ!

 

 

おわり