鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

ZwiftでFTP計測するならヒルクライムレースがオススメ!

FTP計測って聞くと…蕁麻疹できるよね(^○^)

 

ZwiftにはFTP計測メニューが用意されてますが、僕はどうもあれだと全力を出せません。

 

FTP Test

f:id:tridream:20190113164949j:image

FTP Test Short ver

f:id:tridream:20190113165000j:image

本来のFTPテストは1時間13分かかり、ショートは45分で終わります。

違いはじっくりウォーミングアップするかどうかで計測時間は同じ20分です。

 

でもウォーミングアップじゃないんですよ

僕、超クイックスターターなのでウォーミングアップすると寧ろ疲れるんです(笑)

逆に寝起きすぐでもウォーミングアップ無しで限界まで上げられるのでFTP Testメニューは苦手。

あとFTP Testだと目標パワーを計算してペース配分しちゃって全力出せなかったり、1人で走るだけなので挫けます。

 

そんなクイックスターターや挫けちゃう人にオススメなのがヒルクライムレース

何故ヒルクライムレースがオススメかというとスタートしてすぐ登りに入り、その後ひたすら踏み続けるから。

通常のレースだと集団のペースが上下するので常に踏み続けることができないので限界まで踏みたい時には不向きです。

 

そのヒルクライムレースですが、Zwift Companionでイベントを選ぶ時「Hill climb」とか「Hilly」ってやつがヒルクライムレースです。

f:id:tridream:20190113171321j:image

ただFTP計測の為20分走る必要があり、10kmくらいの距離だとその前に終わってしまうので15km以上のレースを選びましょう(取得標高によって変わりますが)

f:id:tridream:20190113171329j:image

またjoinするカテゴリですが、僕はそもそも(A)カテゴリですが「そんな速くない」って人も(A)に混じってついて行く気持ちで走った方が限界を出せると思います。

 

僕が今回選んだのは45km位あるヒルクライムレース。普通に走ると1時間くらいかかります。

スクリーンショットはそのレースの物じゃないですが、ヒルクライムレースはスタートしてすぐ登り始めます。

f:id:tridream:20190113205224j:image

 

通常のレースだとスタート直後300wくらいで走しればすぐ先頭集団が落ち着いてついて行けますが、ヒルクライムは300wでスタートしたら落ち着く事はないのであとは登りで話されないように踏みまくりましょう。

もしヒルクライムでもスタート後ペースが落ち着いても先頭を引くつもりでペースを上げれば勝手に付いてくるので気にせず限界まで踏みましょう。

 

あとは20分間、集団に入れられれば先頭を走るように。

先頭から離れたら追いつくように。

離れ過ぎたら先頭から千切れた人に追いつけるように。

目標を作って20分間耐えて下さい。FTP Testと違って人と競える分、限界を引き出しやすいと思うのであとは20分間、闘志を燃やし続けるだけです。 

 

 

 

そうすれば

ね、簡単でしょ?

f:id:tridream:20190113210056j:image

f:id:tridream:20190113210257j:imagef:id:tridream:20190113210307j:imagef:id:tridream:20190113210319j:image

 

 

おわり