鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

体を柔らかくしながら筋力アップさせる

この年末年始、訳あってバイクもランニングもできない環境下に居ます。

1週間だけですが、トレーニングできないのは辛い

 

縄跳び・腹筋ローラー・5kgのプレートを持参してきましたが辛いです

その話は終わってから記事にでも…

 

最近、ウエイトトレーニングをしながら柔軟を出来きれば面倒くさいストレッチやらなくて済むし(そもそもやってない)、ウエイトトレーニングと一石二鳥だなー。と思っていわゆる可動域トレーニングを考えてみました。

ただし僕は色々と素人なので、動かしてみて「ここがこうなって、ここに効いてるる気がする」って感覚で紹介しています。それを踏まえた上で読んでね。

 

今回のターゲットは肩甲骨広背筋

使うものはダンベル・プレート・ケトルベルなんでもいけど持ちやすくて片手で扱える重さ。僕は5kgを使います。

 

プレートを片手で持ち、胸を張るようなイメージで後ろに下げていきます。

その時ウエイトの重さを使ってしっかり広背筋が伸縮しきるところまで伸縮させます。

f:id:tridream:20181228151309p:image

その後肩甲骨の動きを感じながら肘が伸びるまでウエイトを上に持ち上げます。"肩甲骨の動きを感じながら"というのが大切で腕を伸ばす際、前方に伸ばしてしまうと肩甲骨の可動を感じ取れないので、胸を張るように縮めた時の位置を維持しながら伸ばすと、肩甲骨がゴリゴリと動くのを感じれると思います。

f:id:tridream:20181228151320p:image

1セット20回で3セットでいいと思います。

結構、広背筋、三角筋に効きますよ〜

普通のウエイトトレーニングではここまでストレッチさせないので、継続すれば体が柔らかく!そして筋力アップ!になるかもしれない。たぶん。

 

 

おわり