鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

GT2000 NY6が短命でソールも財布も薄くなる

ソールが…薄い…

そんな気持ちを抱きながら履き続けていたNY6、さすがにこれ以上履いてると故障しそうだったので買い替え。

 

NY6はこれで3足目でその前はNY5

f:id:tridream:20181223103818j:image

asicsにしたのは今年の初めから。

最初はGel featherだったけどソールが薄くて痛いからGT2000にしました。

GT2000が1番ターゲットにしてるのはマラソンデビューする初心者で、クッションを厚くしたり、着地した時脚がブレないようにスタビリティサポートがあったりする。

逆に走り慣れてない人でも怪我のないように作られているので中・上級者も走り込みように使っているみたい。

僕は脱初心者くらいだけど、ソールが薄かったり、スタビリティサポートの無いシューズを履くと直ぐシンスプリントになる。

f:id:tridream:20181223103710j:image

でもGT2000に変えてから脛が痛くなる事はあるけどシンスプリントほど悪化して走れなくなる事がなくなった。引き際を学んだだけかもしれないけど。

 

500km履いてこんな感じ

f:id:tridream:20181223164732j:image

もう、とっくに買い替え時を過ぎています。300kmくらいがベストのような気がする。

それとソールは自分を映す鏡なので、ソールがどう削れているか観察してみると癖を捉える事ができます。

僕の場合、右はフォアフッド寄りみたいです。

 

新品

f:id:tridream:20181223163541j:image

正直トレーニングシューズと謳っているなら500kmは旬でいてほしい。

 

あとミッドソールは硬いスポンジみたいなものなので、潰れます。新品と比べると…

5mmも潰れてます

f:id:tridream:20181223164559j:imagef:id:tridream:20181223165412j:image

使い潰したシューズを使って故障する要因はこれだと思います。要は気づいたらレース用のソールの薄いシューズ履いてトレーニングしてたって事ですからね。

なのでアウターソールの溝が消えてきたらミッドソールもそれなりに潰れてきていると思うので買い替えたほうがいいでしょうね。

GT2000はクッションは厚いですが、コシがあります。それでこれだけ潰れるのでHOKA oneoneとかヤバそうだなぁ〜

 

 

おわり