鉄分過多

IRON(鉄分)MANの成分多め(過多)なトライアスロンブログ

ボロボロ缶珈琲練とつくばから霞ヶ浦に行く新ルート

今週も霞ヶ浦缶珈琲練

いつも霞ヶ浦へ行く時は自宅からつくば方面へ大通りを使って、そこから大通りを抜け一旦りんりんロードへ迂回してりんりんロードを使って霞ヶ浦へ入ります。

 

このルートは車を回避する為のルートですが、霞ヶ浦まで31km程かかってしまうのでかなり無駄です。

ただし時間はかかっても距離、時間を乗るメリットも大きいので一概に無駄とも言えない。

 

ので今回はつくばから24号を使って霞ヶ浦へ向かってみましたが、6kmほど短縮できました。

花室から先は少し路面が荒れますが、通る車は乗用車がメインなので危険も感じず快適に走れます。

f:id:tridream:20181218213412j:image

 

今日は珍しくずっと太陽が出て快適でしたが、コンディションはボロボロ…

途中間違えてログを保存してしまったので通したログは取れなかったけどアベレージパワー195wくらいε-(´∀`; )

おまけに霞ヶ浦大橋に差し掛かると急に風が強くなってそこから先は強風の向かい風で久々に打ち砕かれました( ˘ω˘ )

 

とりあえずMAXコーヒー飲んでもう一踏ん張り

f:id:tridream:20181218212935j:image

 

調子が悪いと走ってる最中「この練習に意味はあるのか?」と思う事が多々ありますが…分かりません(笑)

ただそういう時はケイデンスを低くしたり、高くして筋肉の調子を観察したり、レース中のキツイ時だと思って気分を切り替えるイメージトレーニングをするのが、その日を無駄にしない為に出来ることかな。と思います。

 

でも、走る前から「今日は走れなさそう」と思ってトレーニングをしなかったり、ローラーに逃げてしまうのは話が違います。

今日の様に長時間の負荷に耐えれないコンディションの場合、ローラーで短時間高強度にしておけばもっと意味はあったかもしれませんが、ローラーは毎日散々やってるし、休みの日しか外を長時間走れない僕含め他のアスリートは外を走る機会を大切にしないといけません。

ローラーではGAPによる加減速や風の対処は身に付かないし、トライアスロンのバイクで重要な事はこの自然を読む力です。

 

おわり